FAGA(女性男性型脱毛症)

ホームFAGA(女性男性型脱毛症)

FAGA(女性男性型脱毛症)

女性はホルモンバランスの乱れが原因で髪が細くなることがあります。エストロゲン(女性ホルモン)の濃度低下にともない、相対的にテストステロン(男性ホルモン)の濃度が高くなると症状が現れます。

頭髪全体が細くなるのがFAGA(女性男性型脱毛症)の特徴で、前頭部や天頂部の髪が細くなるaga(男性型脱毛症)とは症状が異なります。女性ホルモンの分泌は思春期から急激に活発になり、更年期にかけて急激に低下します。その際、様々な症状が現れる中にFAGA(女性男性型脱毛症)が含まれています。

対処施術は基本的に同じですが、ホルモンバランスの乱れから発症するのでホルモンバランスを整えるのを優先させるべきと考えます。

脱毛症の治療薬においては男性とは異なり、女性へのフィナステリド、デュタステリドの投与は禁忌であり、内服療法を行うべきではないとガイドラインに定められています。