AGA(男性型脱毛症)

ホームAGA(男性型脱毛症)

フィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)

元々は前立腺の薬として開発されました。
5αリダクターゼの活動を阻止してテストステロンから5αジヒドロテストステロンの発生を抑制し、髪が細くなるのを防ぐ薬です。

テストステロン(男性ホルモン)

↓←5αリダクターゼ(環元酵素)
↓   ☝
↓ ここに作用して
↓ これを抑制すると
↓   ☟
5αDHT(ジヒドロテストステロン)

レセプター(受容体)
↓   ☝
↓ ここと結びつかないので
↓ これが起きない
↓   ☟
髪の成長を阻害

ミノキシジル(ロゲイン)

元々は血圧の薬として開発されました。
高血圧の人の血管を拡張させて血圧を下げる効果があり、頭皮の血管も拡張されることで毛根に入り込んでいる毛細血管の血流を良くしてアデノシンの生成を促し、髪が細くなるのを防ぐ薬です。

薬や育毛の効果

AGA対策は成人病の薬や治療と同じく、人によって効果の度合いが違ったり、作用するまでの時間が違ったりします。エビデンス(科学的根拠)があるといわれてる薬や育毛も人によっては実感できない場合もあります。

薬にいたっては効果が顕著に表れた場合でも、服用をやめると元に戻るという強迫観念や副作用もあります。

しかしながら、ガイドラインに準じた薬や育毛は多数の人に対して好転の変化を示しており、対策としては併用も含めて非常に推奨できると考えます。